title_banner
このホームページの表紙
東駒三睦のご紹介
東駒形三丁目という町について
東駒形三丁目の神輿について
東駒三睦の絆纏について
東駒形三丁目は牛嶋神社の氏子です
牛嶋神社のお祭りについて
次回は平成19年9月、5年に一度の大祭!
ホームページ開設以降のお祭の記録
過去のお祭や町の写真など
東駒三睦、お祭以外の活動
睦会員が経営する、またはゆかりのあるお店
近隣のお祭、イベントなど
リンク先募集中
駒三の神輿を担ごう!
東駒三睦会員専用
会員も、会員でない人も、携帯でもOK!
当ホームページ、並びに東駒三睦へのご意見ご希望、入会希望など

駒三の歴史

東駒形三丁目は古くは、中の郷原庭町(なかのごう・はらにわちょう、ただし古くは“はらばまち”とも呼ばれたらしい)、中之郷元町北本所表町松倉町北新町と呼ばれる町でした。

本所地区は、赤尾浪士の討ち入りや、「鬼平犯科帳」の中で長谷川平蔵が若い頃“本所の銕(てつ)”と呼ばれていたことなど、特に時代劇の世界では有名な土地で、江戸時代から碁盤目状に区画整理がされていました。
しかし古い地図を見ると東駒形の付近だけ道が曲がりくねっています。このあたりは寺院と大名の下屋敷の土地だったようです。今でも町の中には、歴史の古い寺がいくつかあります。

関東大震災の後、この周辺も区画整理が行われ昭和5年に町名も東駒形一丁目から四丁目までとなりました。命名の理由は台東区の駒形と隅田川を挟んで東側の対岸にあるからという、極めて簡単なもの。昭和の高度成長期に、東京のあちこちで旧町名が味気ない名前に変えられたことがいまだに批判されていますが、その元祖のようなものです。

とはいえ80年近く経った今ではすっかり馴染んでしまって、大正時代の町名を懐かしがる人に会ったことはありません。
蛇足ですが、台東区の駒形には二丁目までしかありません。“駒三”は墨田区東駒形三丁目だけということになります。

ポータルサイト「goo」の「古地図」のページでは、江戸時代の古地図、昭和22年、38年の航空写真を見ることができますよ。一番下の「検索」の欄に「東駒形3」と入力して、「地図検索」をクリックします。